KONYAMACHI KONYAMACHI KONYAMACHI KONYAMACHI KONYAMACHI KONYAMACHI



人にやさしく対話のある街 〜商店街活性化と街の賑わいの創出〜

 紺屋町商店街は浜田城の城下町として発展してきたが、特に職人の町として古くは染織物の工場、店が多くあったといわれる。紺屋町の名前はそれが由来で、今でも紺屋町北通りに染物店が一店あり現在も営業している。 戦前は陸軍歩兵第21連隊が現在の浜田高校、浜田一中の場所にあり約2000人の兵隊がいたので、紺屋町、朝日町、新町の商店街は大変な賑わいだったそうである。
戦後しばらくは市内中心商店街の新町とともに繁華街として、土曜市、歳末セールなどは商店街の中は歩かれないくらい人出が多く大繁盛したそうである。

 昭和47年、駅前に銀天街、一番街が誕生した。昭和57年、相生町に大型店ニチイ(現在のシティパルク)が出店した。これら大型店及び駅前商店街の出現によりお客の流れが変わり、それまでの中心商店街は苦境に立たされた。
 昭和59年、県の指導により協同組合から振興組合へ組織変更し、事業の支援を受けやすい体制となった。
 平成3年、高速浜田道が開通し更に人の流れが変わった。
 平成5年、県の助成により「計画・策定事業」実施し消費者が商店街をどのようにみているか、またそれに対しどう対処すればよいかを検討した。

その結果、
  紺屋町商店街の知名度が非常に低い
  交通の便が悪く幹線道路より入りにくい
  路面が悪く歩きづらい
  街全体が暗く、店の雰囲気も暗い
  各店の飾りつけ、商品構成、接客態度など反省点が多い
               以上の点が判明した。

 このような消費者からの厳しい指摘を受け、このとき商店街のコンセプトとして
「人にやさしい対話のある街」を決定し、以下の事に努めた。

  イベントを多数実施することにより商店街を知ってもらう
  新町からも進入出来るようにする
  カラー塗装にして歩きやすくする
  街路灯を取替え、、街を明るくする
  各店は店内を明るくし、対応やサービスに気をつけ入りやすい店にする

以上を実施することにより紺屋町商店街の名前は徐々に市民に浸透することが出来た。
近年は当商店街への出店希望者が多く、15年前には15店舗あった空き店舗が現在は2店舗までになった。現在の店舗数は事務所関係を合わせて40店である。

ページの先頭へ

活動内容(新着順)

平成19年度

3月30日 県主催「こっころフェスタ」紺屋町主催「春らんまん」共催
2月27日 県娠連「近代化講習会」
12月9日 第2回「一日だけの水高祭」
10月28日 秋祭り 第19回「未来のピカソ展」「こっころフェスタ」)職業体験)
9月22日 第4回「紺屋町の月待ち」
6月30日〜7月28日 土曜夜市 (内 7月7日は【七夕フェスタ】)
4月29日 浜っ子春祭り(紺屋町宿場)

平成18年度

3月25日 第5回春らんまんこっころまつり開催(島根県少子化対策民間活動助成事業)
3月25日 楽時庵オープン (空き店舗対策事業)
3月7日 商店街近代化講習会 (島根県商店街振興組合連合会 指導事業)
12月13日 ハンギングバスケットの設置市(商業活性化事業)
9月23日 月待ち (商工会商店街活性化事業)
9月19日 トイレ完成 (10月29日一般開放)浜田市 商業活性化支援事業

平成17年度

10月 ハーブを取り入れた街づくり事業市 商業活性化(緑化事業)
7月 シャッター美化事業 完成

平成14年度

9月14日 チャレンジショップオープン

平成13年度

10月28日 ふれあいロード全面完成記念こんやまちまつり

平成12年度

12月3日 ふれあいロード竣工記念 こんやまちまつり

平成10年度

11月20日 街路灯新設工事 24基 完成島根県商店街・商業集積活性化事業

平成5年度

市場調査中小商業活性化事業